スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出勤日を1日増やすこと 

4月から出勤日(半日だけ)を1日増やそうと思って、
今日は火曜日だけど会社に来ている。
だけど、どうも体も心も疲れている感じで、時間が長い。

本当は、火曜の午後の出勤を増やすことにふみぞうは反対だった。
家にいる時間はフルにベッドで眠って充電をし、その力を会社で全て使いきってしまう。
そんな自転車操業のようなことを続けていたら、いつまでたってもよくならないと。
「もう一度休職して実家でのんびりすることも考えたら」とまで言った。

確かに最近の私は、お昼前ギリギリまでベッドから出れない。
会社では無意識に緊張したり、がんばったりしているようで
夕方一歩外にでて緊張の糸が切れると、疲れて本当にぐったりしてしまう。
脳の疲労感と頭痛と肩こりとだるさで、帰りの電車の中はいつも辛い。
無理してるな、ぼちぼちやらないとダメなのに、と思う。

それでも一方で、早く週5日会社に来れるようになりたいと思う私がいる。
体力をつけたい、よくなりたいという気持ちももちろん強いけれど、
それだけではなくて、周りの目が気になっているのも正直なところ。

もしかしたら、無理をしないといることのできない会社に
完全に復職しようということ自体が間違った方向なのかもしれない。
だけど、転職することもパワーがいるし、もし新しいところに移れたとしても
そこでは午後だけのリハビリ出勤なんて許されないし。

思うように動いてくれない、すぐ疲れてしまう体と心を引きずりながら、
時々、先のことがどうしようもなく不安で怖くなるときがある。
スポンサーサイト

コメント

身につまされます

あきぞうさんの悩みはそのまま私の悩みみたいで身につまされます。
私もカウンセリングに会社に行くと、脳もからだもぐったりになります。
これが続いたら電池切れになるかもなあ、って思ってました。
どうしたらいいのでしょうね。
ふみぞうさんのおっしゃることが正しくて、もっと十分休むべきなのかもしれませんが・・・。
でももう4年も休んでいる私は、休めばもっと力がつく、って言えないんです。
確かにゆっくりと上向きではあるようには思うのですが、休んでも余力がないのです。
ものの本では、あまり完全に休んでしまうと、却って体力が戻らなくて苦労する、
って書いてあるものもありましたが・・・。
でも不完全な状態で復帰するのもすごく難しいなと思います。
他の人はどうしているのでしょうね。

あきぞうさんの思いも、ふみぞうさんの心配も、どちらもよくわかります。
あきぞうさんのココロと身体が悲鳴を上げているのではないかとtowaも心配です。
復職か、転職か、はたまた在職のまま休職するか、辞職して休息期間をとるか…。
いろんな道がありますね。
towaはゆっくり休んで考えることを選択しました。
でもきっと、時が経つにつれてtowaも焦りや不安が強くなるのだろうと思います。。。
悩ましいですね。

ミケアさんへ

>でももう4年も休んでいる私は、休めばもっと力がつく、って言えないんです。

本当にそうですよね。
たくさん休んだらその分、力がつく・調子がよくなるというふうに単純だったら
そりゃ私も素直にいくらでも休みます(笑)。
だけど、充電日が必ず調子がよいか、というとそういうものでもなくて
家にいることで、いろいろ思い悩み、調子が悪くなることもあります。
でも、会社に行くとぐったりと疲れてしまうし、
"じゃあどうしたらいいんだろう"って悩みます。
こういうふうに考えてしまうときは、「元の私に戻して」って思ってしまいますよね。
本当に、他の人はどうしているのでしょうね。

towaさんへ

towaさんはゆっくり休んで考えることを選んだとのこと。
towaさんのブログを読んでいると、そのことはtowaさんにとって
きっといい選択だったのだろうなぁと思います。
上手に自分をコントロールしながら、ゆっくりと先のことを考えることが
できているように見えるから・・・。
私は、いろいろな選択肢がある中で、何かを"やりたい"と前向きに考えられないときに
転職はできないなぁと思うこと、そしてまずは週5日出勤する体力をつけたかったから
復職することを選んだけれど・・・。
最近はその選択が正しいのか、悩むことが多いです。
主治医の先生にも転職をすすめられますしね。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akizou922.blog34.fc2.com/tb.php/61-fa0ed263

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。