スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗い闇の底 

ミケアさん、きどるいさん、towaさん、かのんさん。
コメント本当にありがとうございました。
ココロとからだを休めて。きっと波はひいていくから。
そんな優しいコメントたちは、優しく心に染みました。

私は・・・大きな暗い嵐のような波は去ったけれど、
また暗闇の底にいるような気持ちが続いています。
そんな中でも、金曜日と土曜日(今週は研修会があったのです)は、
ひとりで家にいると、自分の気持ちがあまりにも内へ内へと向かってしまうのが怖くて
無理をして会社に行きました。
でも、昨日の月曜日は、無理をすることさえできなくて会社を休んでしまいました。

ここ数日困っていることは、わけもなく涙がでてくることと、
ひとりになると、眠り続けて起きなくてもいいようにならないか、と考えてしまうこと。
自殺願望が、消えないのです。
いつか、かのんさんの記事にあった言葉ですけど、いつ、どこで、どんな方法で。
いつ、どこで図れば、私の大切な人たちに一番迷惑がかからないか。
薬をどれくらい飲めば、苦しまず永遠に眠ったままになれるのか。
ひとりで家にいるとき、ふと、気がつくとそんなことを考えてしまうのです。

本当はそんな勇気ないくせに。
明日になれば、これ以上、そういう思いにとらわれるのが怖くて
きっと、無理をしてでも会社に行って、何事もなかったかのように笑っているくせに。
そして、帰ってきてぐったりとまた疲れてしまうくせに。

でも、だったら、私はいったいどうしたらいいんだろう。
暗い闇を抜け出して、楽しい予定を心待ちにして、心から笑って。
どうしたら、そんな日が来ることを信じて、がんばろうと思えるのだろう。
スポンサーサイト

コメント

あきぞうさん、大丈夫ですか?
今日も、無理をおして、会社に行かれたのでしょうか。
あきぞうさんの職場のことがわからず、無責任な言い方ですけど、ホントにつらいときは、休んじゃってもいいと思います。
私が、最近、グループワークを始めて、先生にいつも言われる言葉です。
『逃げたっていいんだよ。時には逃げることも必要だから。』って。
そして、つらい絶望の淵のような闇の中にいるときは、光なんて見出せないと思います。希望なんて感じられないと思います。
何にも、考えなくていいんです。
考えるということを、放棄してもいいと思います。
私は、本当につらくなると、感情がわかなくなります。
きっと、考えることすべてから逃げているのでしょう。
でも、そうすることでしか、自分を守れないんです。
答えなんか見つけなくていい。
光なんて探さなくていい。
ただただ、じっとうずくまっていれば、いつか、海の底から海面を見上げたような、光を見つけるから。
先日、きどるいさんのブログにステキな詩がのっていました。
気に入ったので、控えておいたものをそのままお送りします。

「闇の中から」より

暗闇は
終わりの闇であり、始まりの闇である
誕生の闇であり、再生の闇である

闇の中からいつも
新しいものは生まれる

絶望みたいに感じられるときもあるけれど
ほんとうは
希望を生み出してくれるのが闇

あきぞうさん、とてもたくさん疲れが溜まってしまったのですね。
きっとからだがSOSを発して、涙が出てくるのではないでしょうか。
自殺願望が消えないときどうしたらいいのか、私にも分からないのですが、でもそう思うのはきっと本当のあきぞうさんじゃないと思います。
心と体を休めれば、きっとまた光が届くと思います。
今はなんとか、体を休めることだけを考えましょう。
かのんさんのおっしゃるように、逃げてもいいんです。自分を大事にしてあげてください。

こんばんは。
かのんさんのコメントを読んで、ドキッとしました。
引用大歓迎です。嬉しいです。
今日は私は人生最大のピンチを迎えたのですが、
これは脳みその勝手な命令だ!
そんな命令にしたがう必要はない!
と言い聞かせていました。
おかげ様で、窮地を脱しました。

無理なさらずに

とてもお辛そうな状況のようですね。
文章からもひしひしと伝わってきました。
大嵐は去っていったようですが、まだまだあきぞうさんは無理をされているようです。
笑って何事もないように会社に行く…。よくわかります、正にtowaがそのとおりでした。そして突然フェイドアウト。。。
あきぞうさん、あきぞうさんは今病気だから辛い状況にあるのです。
病気があきぞうさんを辛くして、消してしまおうとしているのです。
どうぞ病気の言うままにならないでください。。。
病気が快方に向かえば、今の状況とは違う方向へコトは進みます。
今はゆっくりあきぞうさんのココロと身体に向き合う時間をとってください。できれば、仕事をお休みして…。
主治医の先生にも今の辛いことをお話しましょう。
何か糸口も探してもらえるかもしれません。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かのんさんへ

私も本当に辛くなると、人と話すのが嫌になり、感情がわかなくなります。
この1週間は、休職したころの一番うつがひどかった時期が
ぶり返したように辛かったです。
そのときは、明るい光なんて見出せなかったけど、
でも、じっと待っていれば、闇はいつかはひいていくのですね。
素敵な詩をありがとうございました。

ミケアさんへ

ミケアさんのおっしゃるように、どうやらたくさん疲れがたまって
しまったいたみたいです。
リハビリ出勤をしていく中で、少しずつでも前進しているんだと見られたくて
出勤日を増やそうと焦ったこともあるのかもしれません。
焦らずに、ゆっくりと、マイペースでって難しいですね。

きどるいさんへ

私の自殺願望も、たぶん疲れた時の脳みその勝手な命令なんでしょう。
でも、辛いときって、私はそうやって自分に言い聞かせることさえ難しくって
きどるいさんは、つよいなぁって思いました。
見習わねば・・です。

towaさんへ

>笑って何事もないように会社に行く…。よくわかります、正にtowaがそのとおりでした。

私も水曜日は結局、会社では本当に何事もなかったように笑ってました。
みんな同じなんですね。がんばっちゃう性格がそうさせるのでしょうか?
最近また、そういう会社での自分が、休職する直前の頃のように
本当の自分とはかけ離れている気がして、辛いなと思い、考えてしまいます。。
主治医の先生にも相談してみましたが、先生にも
出勤で少し無理をしているのでは?と言われました。
いまの職場で、週5日出勤できるようになることをとりあえずの目標としているのですが、
それ自体が考え直す必要があるのかもとも思い始めています。。

みずなさんへ

はじめまして。優しいコメントくださってありがとうございます。

>病気だから治ります。自分と闘うのでは無く病気と闘う気持ちになって下さい。
>じっと、待つことが闘っている事だと思って下さい。
>夜明けの来ない夜はありません。大丈夫です。絶対、大丈夫です。

という言葉、とても嬉しかったです。
そうですよね、自分とではなく病気と、うつと闘わなくてはいけないのですよね。

※SECRETのコメントを公開にすることはできないみたいです。
 でも、また遊びにきてくださいね。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akizou922.blog34.fc2.com/tb.php/46-2abd4251

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。