スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心にささった一言 

昨日の夜、NHKの23:10からの人間ドキュメントは、私の大好きな小田和正さんでした。
彼の歌の詞と、涙がでるくらい高く透き通る美声は、いつも私の心に響きます。

それを見終わって、先にふみぞうが寝ていた布団に潜り込むと、ふと彼が呟きました。
「最近、あきぞうと自分自身にイライラする」と。

「いつイライラするの?」とそっと聞いてみると、
私がホットカーペットの上でごろごろしているのを見ると、特にイライラするそうです。
「あきぞうにどう接していいか、わからなくなる時がある」とも言いました。

私だって、調子が悪いときは自分をもてあまして、どうしたらよいのかわからなくなる。
週3日午後だけ会社に行くことができても、頭痛に悩まされる。少し調子がよければ、
週5日朝から出勤して他の人と同じように仕事がしたいと欲ばりになり、焦りもする。
そうやって、私は鬱の波や自分自身と、いろんなことで闘っているつもりだ。

でも、闘っているのは私だけじゃない。ふみぞうにも辛い思いを背負わせている。
「イライラする」と言われて、あらためて、そのことを思い知らされ、涙がとまらなかった。
私はどうしたらいいんだろう。
ふみぞうと一緒にいるのは私で本当にいいのだろうか。

※towaさん、ミケアさん、かのんさん、きどるいさん、
 コメントくださってありがとうございます。
 towaさんときどるいさんは、はじめまして、ですね。
 かのんさんのところから、とんできてくださったのですね(かのんさんに感謝です)。
 いまはちょっと気持ちが乱れているので、落ち着いたらコメントへのお返事書きますね。
 
スポンサーサイト

コメント

同じことを・・・

私もたまに、だんなに同じことを言われる時があります。
だんなが疲れて帰ってきて、わたしがごろごろしているのを見るとイライラするそうです。
普段は何も言わずに普通に接してくれるけど、それはきっと自制しているのだと思います。
怒っちゃいけない、という気持ちと戦って、本人もしんどいのだろうなと思います。
それが普通の反応ですよね。。。どうすればいいんでしょうね。
私も何とかしたくてもできなくてつらいです。
そう言われてしまうと、本当に悲しいけれど、それもふたりで乗り越えていかなければならないのかな、とも思います。
本心を語ってくれたことは、ふたりにとっては前向きなことなのだと思いたいです。
「ごめんね、もう少し待ってね。」という強さがあればいいのに、と思います。

あきぞうさん、お返事は気にしないでね。

全く同じ経験をしました

あきぞうさん、こんにちは。
わかっているけど、でもどうしようもない…辛かったでしょうね。
towaも同じ経験がありますので、あきぞうさんの抱く気持ちがよくわかります。
ミケアさんのおっしゃるとおり、ふみぞうさんもこの事態をなんとか打開したい気持ちがあるからこそ
あきぞうさんに話してくださったのかもしれません。
でも今は辛いですよね、返す言葉なんて見つからないですよね。
towaもそうでした…。
ひたすら声を殺して泣いていました。それが精一杯でした。
今はそれでいいと思います。
少し元気になればまた少しずつ自分の言葉で話せるようになると思います。
どうしても苦しいときは、主治医の先生にこのことをお話されてはいかがでしょうか。
ふみぞうさんのイライラする気持ちもわかる、悪いと思っている。
でも今はしんどいの、許してねってことが伝わればいいですね。

※気持ちが乱れているのにコメントしてしまいました。お返事はいつでも結構です。時々遊びに来させてくださいね。

ミケアさん、towaさんへ

コメントしてくださってありがとうございます。
辛いとき、ミケアさんの
>「ごめんね、もう少し待ってね。」という強さがあればいいのに
という言葉、towaさんの
>でも今はしんどいの、許してねってことが伝わればいいですね。
という言葉、とても心に響きました・・・。

みんな同じ経験をしているのですね。
でも、なかなか気持ち、落ち着きませんでした。
ふみぞうのイライラしてしまう気持ちもわかるし、
普段、私と一緒にいながらそれを我慢してくれているのもわかってる。
でも、どうにもならないのですものね。
これが、うつという病気と闘っているのが、私だから。
いまは許してもらって、待ってもらうしかないのだと思います。
一緒にいてくれて「ありがとう」という気持ちだけは絶対に忘れずに・・・。


ふみぞうさんも、自分の気持ちのやり場がなくて、
辛い思いをされているのかもしれませんね。
お互いに、相手のつらさがわかるだけに、
余計につらいですよね。
私も、たまに、冗談でも、
『お前は、もう治ってるよ。働けよ。』とか、
『仮病なんじゃない?』なんていわれると、
すごく悲しくなります。
でも、自分も逆の立場なら、
同じ風に思ってしまうのだろうな、って・・・
仕事を休んでまでは、難しいかもしれませんが、
機会があれば一緒に、病院に行かれてはいかがでしょう。
何か、先生に、ふみぞうさんへのアドバイスもいただけるかも。
それにしても、実家のくうすけくん、
かわいいですね。
癒されるし、淋しくないからいいですね。

かのんさんへ

冗談でも、『お前は、もう治ってるよ。働けよ。』とか
『仮病なんじゃない?』なんていわれたら、
私も辛くて、どうしたらいいかわからなくなってしまいます。
でも、リハビリ出勤を続ける私に、会社の周りの人で
口に出さないだけで、そう思っている人は意外に多いのかもしれません。
そんなことを考え出すと怖くて会社にいけなくなりそうなので、
なるべく気にしないようにしてますけど・・。

病院は、ふみぞうも一緒にいくのは難しいと思いますが、
今度の診察のとき、先生に相談してみようかと思います。

くうすけ、褒めていただいてありがとうございます。
家にいても、実家に帰っていても、昼間一人でいるのは一緒なのに
犬がいるだけで随分気持ちは違う気がします。
ふわふわの毛を撫でて、体温のあたたかさを感じるだけでも癒されます。
ペットセラピーって効果、高いんだろうなぁって考えてしまいます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akizou922.blog34.fc2.com/tb.php/39-68865baa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。