スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身も心も"何もしない"にゆだねること 

今日読んでいたあるサイトに、重い鬱病の場合は
"自分が安心できる場所に自らしっかりと『引きこもる』のが一番いい"
と書いてありました。
そうして、しっかりと休むことが最善の努力だと。

だったら、私は今日きっと治療のための最善の努力もできていない。
体は休めることができたけれど、心はずっとどこかで自分を責めてしまっていたから。
スポンサーサイト

コメント

私は、産業医の先生によく言われていました。
「なんにもしなくていいんです。外に出られなかったら出なくてもいいし、起きられなかったら起きなくてもいい。
焦りすぎていたら、休んだことにはならないよ。」って。
ずっと、ずっと焦って、早く戻らなきゃ、復職しなきゃ、そればかり考えて、そして、私は、回復が遅れたのかもしれません。
受け入れられるまでには時間もかかるけど、私も、今はなんとなく、「このままでいいや。だって、できないんだもん」って開き直れるようになりました。
薬のせいもあるかもしれないけど、開き直りができるようになってから、焦りや不安も減ってきたように思います。
自分を責めないで、なんにもしないをすること、それがホントの休職の目的なんですから。
あきぞうさんも、今のままでいいんですよ。
私なんて、ご飯はほとんど作らないですよ。(スーパーに一人で行けないので・・・)

自分を赦すって難しいですね

私も日中寝すぎてしまうことがずっと苦しかったです。
お医者さんを変えて、その先生に「たくさん寝てください」と言われてから、
随分楽になったし、また安定したように思います。
それでもまだ、無意識下では自責の念が残っていますが、
努めてそういう自分を認めるようにしたいと思います。
あきぞうさんも少しずつ自分を楽にできるとよいですね。

追伸

私もあきぞうさんのブログ、リンクさせていただきますね♪

かのんさんへ byあきぞう

>ずっと、ずっと焦って、早く戻らなきゃ、復職しなきゃ、そればかり考えて、そして、私は、回復が遅れたのかもしれません。

私もまったく同じです。
私の回復を遅らせているのは、きっとそういう焦りや自責の念なんだと
理解はしているんです。
でも、心がついてこないから、「何にもしない」がなかなかできない。
今のままでいいって自分を認めることって、なかなか難しいですね。


ミケア さんへ byあきぞう

本当に、自分を赦すとか、自分を楽にするって難しいです。
今週に入ってから、調子が悪いので特に。。

あ、あと、リンクありがとうございました!
いつもミケアさんの骨董紹介を楽しく読ませていただいているので
うれしかったです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akizou922.blog34.fc2.com/tb.php/16-a7bc62ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。