スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行と認知療法とべったら市 

火曜日の17日、無事に沖縄から帰ってきました。
沖縄では、1日目は那覇の国際通りをぶらぶらしてから識名園によってブセナテラスへ
2日目は、今帰仁城跡を散策した後、毎年行くピザの花人逢でお昼をとって
こちらも毎年お邪魔するアジアン雑貨のガーデンカフェ南来流によってブセナテラスへ
3日目は、許田の道の駅で大量のお土産(もずく、青切りみかん、島バナナ、
アーサー、シィークワーサー、パイナップル等)を購入して発送してもらい、
午後はブセナテラスに戻って、スピード狂の母が大好きなマリンアクティビティ
(ドラゴンボートやダブルチューブ)を楽しみました。

3泊4日の沖縄の旅、毎年のことながら、本当に楽しかったです。
今年は今までで一番、穏やかなお天気にも恵まれました。
楽しすぎて、帰ってくると、あの青い空も海ものんびり流れた癒しの時間も
夢だったのではないかと思うほど。

だから、そんな楽しい旅が終わってしまったら、私はやっぱり堕ちてしまいました。
心にぽっかりと穴が開いてしまったような空虚感に襲われ、
本当に何をする気にもなれなくて、帰ってきた次の日は一日
パジャマのままベッドから動けませんでした。
今朝はようやくPCを立ち上げられたけれど、ぽっかり空いた心の穴を
どう埋めたらいいのか、まだわかりません。

それでも、今日の主治医の診察の時に報告できるようにと、
昨日は重い心と体を引きづりながら、大学病院に行ってきました。
再休職する時、自分(の考え方)を変えなければ治らないと思った私は
認知療法に興味があると、主治医にお話したのです。
それで、紹介状を書いてもらっていたので、その大学病院に行ってきました。

大学病院とは、待つところだと覚悟して行ったけれど、私の予想以上でした。
初診だったので予診があったのですが、それまで1時間、
予診の後は診察まで3時間半待たされました。
そして、ようやく入れた診察室で先生に言われたことは、以下の4つでした。

①認知療法を希望しているとのことだけれど、
 認知療法で有名な○○先生は、確かにこの病院の先生だけれど、
 今この病院では認知療法は行っていないとのこと。
②認知療法を行っている施設をいくつか紹介するけれど、カウンセリングと同様
 この療法には保険がきかないので、経済的な負担が大きいこと。
 (1回1万円以上するところが多いそうです。)
③考え方の癖(自動思考)を矯正することは簡単なことではなく、
 カウンセリングと同様で、1年とか2年とか根気強くやって、
 後になって振り返ったときに、少し成果が出ているかな、と感じるようなものなので
 経済的にだけではなく、体力的にも時間的にも通院に負担が大きいこと。
④認知療法の本がいろいろ出ているから、それでまずは自分で
 やってみるのがいいのではないか、ということ。

こうして、2つの診療所のパンフレットをもらい、ぐったりと病院を後にしました。
今日、診察の帰りに本屋さんによって、見てみようとは思っていますが、
なかなか自分で根気強くできるかどうか・・・
どこか行き止まってしまったような気持ちです。

でも、昨日はひとつだけいいことがありました。
毎年同日、10月19日、20日に行われる日本橋恵比寿講のべったら市に行くのが
私の毎年の恒例行事なのですが、今年はふみぞうがどちらの日も都合が悪いとのこと。
それでも、自分の中の毎年の恒例行事に行かないのはどうしても嫌で、
私は大学病院の帰りに、疲れていたけれど、一人でべったら市に行ってきました。
目的は2つ。
毎年同じ場所に出ているもつ煮込みやさんのマルチーズのチビちゃんが
今年も元気でいるかを確かめること。
そして、吉岡屋のべったらを買って帰ること。
今年は一人だったこともあって、この2つの目的だけを目指して行ってきました。
嬉しいことにマルチーズのチビちゃんは、今年も元気でした。もう14歳になるそうです。
吉岡屋のべったらも無事にGETできました。
病院でぐったり疲れてたけど、頑張って寄ってよかったと思いました。
スポンサーサイト

コメント

沖縄旅行楽しかったようで良かったですね。でもその反動が来てしまったんですね。

認知療法は確かに難しいです。僕は病院が行っていた職場復帰プログラムで認知療法を2時間5回受けましたが、効果があったかと言われれば「ほとんどない」という感じです。理論は分かっても実践することが難しいのです。実践練習を常に心がけてやっていかないと、考え方を本当の意味で変えるのは難しいと思います。

あきぞうさん、おかえりなさい♪
沖縄旅行、楽しかったとのことでよかったです。私もまた行きたいな。
許田の道の駅私も行きましたよ。花人逢のピザ、おいしそうですね!!

私もよく旅行の後は燃料切れで寝込んだりしました。
でも楽しいことでエネルギーを放出したら、休んでまた溜めればいいのだそうですよ。
いい気分になることは大切なのだそうです。
・・・でも堕ちてしまうのはつらいですね。

認知療法は確かにお金もエネルギーも要るので、こころの負担になることもあるかもしれませんね。
私が会社で受けているカウンセリングは、これから社会復帰するためのヒントを時々得られる気がします。
たまたま?回復期に入った頃に受け始めたのですが、復職するための心構え、という意味ではそれでよかったかもしれません。
病院で、「寝たいだけ寝ていいんですよ」って言われたことが今思えば大きかった気もします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あきぞうさん、お帰りなさいませ。
沖縄旅行楽しかったようで、よかったですね。
しかし、反動も来てしまったのですね・・。
でも、たったの1日で復活とはスゴいです~。
認知療法、私も最近、自分の生き方や考え方を
根本から覆してよりよい自分にしていきたくて、
検討し始めたのですが、やっぱり経済的な面での
大きな負担を考えると二の足が踏めずにいます。。
あきぞうさんは、ワンちゃん大好きなのですね(*^_^*)
14歳とは、長生きですね~~。

イッチーさんへ

イッチーさんは認知療法を実際に受けたことがあるのですね。
本ではなく、療法を受けるとどんななんだろうなぁって
とても興味はあるのですけどね。お金がついてこないです。
本屋さんで関連の本をパラパラとめくってみたのですが、
理論はわかっても、これを実際に常に心がけてやっていくのは
難しいだろうなぁって私も思いました。

ミケアさんへ

ミケアさんも許田の道の駅、行かれたことあるのですね。
沖縄の農作物がたくさん並んでて、安いし(!)楽しいですよね。
花人逢はピザはもちろんとっても美味しいのですが、
生のアセロラジュースを飲めるのも毎年の楽しみです。
(生のアセロラジュースって本部のあたりでしか飲めないらしいですよ)

ミケアさんは、会社でカウンセリングを受けられているのですよね。
カウンセリングも保険がきかないので、会社で受けられるのは羨ましいです。
でも、カウンセリングも認知療法も、お金や体力はもちろん
精神的なエネルギーがいるので、私はいまは毎週、主治医と話す10分間が
カウンセリングの時間だと思うようにして、しばらくは少し
おとなしくしてようかなぁと思い始めています。

cocoron*さんへ

一日で復活できたわけではないんですよ~。
何とか診察日の前に、大学病院にいった報告をしたいと思ったのと、
どうしてもべったら市にいかなきゃ(いかなきゃっておかしいのですけどね、(-_-;))
という思いで、何とか動きました。
認知療法は、お金も精神的なエネルギーも必要のようです。
なかなか難しいですね。
あと、私はワンコのなかでもマルチーズが大好きなのですよ~。
今年も元気なのは嬉しかったです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akizou922.blog34.fc2.com/tb.php/110-d8131165

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。