スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診察日 

今日は先週、ODをしてからはじめての診察日だった。
私は先生に怒られるのを覚悟して、でも、いつもより聞いてほしいことは
いっぱいあったから、その内容を手帳にメモをして、病院に行った。


先生は、私がODをしたことがショックみたいだった。
そして「死にたいと思ったの?そんなに追いつめられてたの?」と悲しそうに聞いた。

私は正直に、"何も考えずにすむように眠ったまま消えたいと思った"と言った。

そして、ODをしたきっかけ。
先週、会社でグループの会議があって、新人さんからみたら
午後からしか出社しなくて、仕事の内容も何をやっているかよくわからない
そんな先輩である私がどう映ったのか、とても気になってしまったこと。
進捗報告で、自分がかつてやっていたこと、もしくはやりたいと思っていたことを
後輩たちがやっているのをみて、取り残されたような気分になったこと。
近々組織替えがあって、今度私は多分、後輩の部下になるだろうということ。
それを当たり前のこと・仕方のないことだと頭ではわかっていても
心が、プライドが受け入れられないこと。

などを話した。
あとは、最近会社の人が自分をどう思っているのか、他人の視線がとても気になること、
自分が会社にいる価値がわからないことも話した。

先生は、こう言った。
「会社のために死ぬなんてもったいないこと。
 会社はあきぞうさんが倒れても面倒みてくれないよ。
 それに会社はあきぞうさんだけじゃなくて、他の誰でも、"その人がいなきゃまわらない"
 なんてことはない。それが組織というものだから。
 あとね、会社の中での自分の価値なんて、その中だけの価値だよ。
 外にでてしまえば関係ない。
 それより、定年のないもの、家庭を大事にするとか、
 自分にとって楽しいことを見つけるとかそういうことのほうが大事だよ?」と。


私は、最近、仕事でも家事でも"できないこと"ばかりに目がいって
自己否定の気持ちが強いこと。
それをなおしたいと思うのだけど、カウンセリングとか認知療法とか
何かしたほうがよいのかも聞いてみた。

先生は少し考えて
「カウンセリングは前に行ったとき、あわなかったんだよね・・・。
 認知療法はその人にあう/あわないが大きいから、効果にとても個人差があると思う。」
と言った。


いまの私にとって、会社の存在が大きくて、かつすごく負担になっていること
もしかしたら、もう一度休職したほうがいいのか?とも思うと聞くと、先生は

「会社を思い切ってもう一度3ヶ月くらい休むのはひとつの手だと思う。
 その間に、それこそ認知療法とか、自分の考え方をかえていく訓練をするのもいいよね。
 これからは、あきぞうさんの中での、会社の順位を
 さげるようにしていかないとダメだと思う。
 会社は収入を得るために、時間をレンタルしてやっているんだ、くらいの気持ちで
 行けるようになるといいね。
 そのためには、あきぞうさんの人生にとって、会社(仕事)よりもっと大切なもの、
 考えが向くことを見つけることが必要かな。
 例えば、旦那さんことばっかり一生懸命考えるのでもいいと思うし、
 子どもを作って子育てをがんばるのでもいいと思うし。
 あきぞうさんは、今、気持ちは薬で持ち上げている状態だけど、考え方はね・・・
 自分で意識して変えていこうとしなかったら変えられない。
 それは自分に妥協するとか、諦めていくとかそういう過程でもあるから。
 行動療法に行ったからといって、変わるものでもない。
 でも、ずっと優等生でいることは疲れるでしょう?」
と言った。
 

また、ここのところ熟睡ができなくて、眠った~という感覚がもてないこと、
朝4時半に目が覚めてしまうことを話したら、
眠前の薬のうち、グッドミンがロヒプノールという薬に変わった。
会社から帰ると、最近吐き気に悩まされていることについては
頓服でナウゼリンを出してくれた。


実は、本当は私の通ってる病院の再診の時間は10分間と決まっているのだけれど、
(偶然、次の人の予約が入っていなかったのもあるけれど)
こんなふうにして、先生は私の話すことに丁寧に答えてくれ、
30分以上時間をとってくれた。
そして、いつもは10日~2週間に1度の診察なのだけれど、
私が「来週も来ていいですか?」と聞くと、「いいよ」と言って笑ってくれた。

診察室を出ようとしたとき、先生に念を押された。
「お薬をたくさん飲むことだけはダメだからね。
お薬を大量に飲むと、死ぬことはないけど、中和するために肝臓や腎臓に
負担がかかってしまうから。だからそれだけはダメ。約束してね。
あと、お薬飲みたくなってしまったら、予約してなくてもいいから
早めにきてね。」と。
先生は、私のことを本当に心配してくれている・・・と思った。

今日先生と話したことで、会社をもう一度休職するかどうか、
考えなきゃいけないこともできたけれど、心は随分楽になった。
私はこんな信頼できる先生とめぐりあえたことだけでも、幸運なんだと思う。

また薬を飲みたくなる衝動にかられるかもしれないけれど、
来週また先生とお話できるから、先生と約束をしたから、がんばって我慢しようと思う。
スポンサーサイト

コメント

まずはHAPPY BIRThDAY! あきぞうさんおめでとう!今日は先生によく話しを聞いてもらって良かったですね!先生と話す事がすでにカウセリングですね。だから何でも先生に話して心のお荷物を一つ一つ降ろしていきましょ。とても信頼間のもてる先生で良かったですね。

先生との信頼関係がとてもよく現れていていいなって思いました。
全面的に信頼してついていけそうですね。

仕事の人生に於ける優先順位・・・私も10数年前は、
何よりも大事でそれがないと生きていけないってくらいだったけど、
今はもう、ずっと仕事していないし、
彼の事ばっかり考えて麻痺しかけてます(危・笑)

とある人が言っていたんですが、
『働くだけが人生の全てではない』
だそうです。

あきぞうさん。少しずつ考え方を見直して
気がついたところから改めていけるとイイデスネ。
旦那さんもいる事だし、まだ人生永いんですもの。
ノンビリいきましょう(^_^)/

>あきぞうさんの中での、会社の順位を
>さげるようにしていかないとダメだと
>思う。

僕は一度復職にに失敗しましたが、理由は同僚や後輩にに追いつこうとしたからです。結局体調により追いつくことができず、それが原因で気持ちが落ちて、再休職しました。

僕はうつ病になる前は「趣味は仕事です」と胸を張って言ってました。でもその結果病を患うことになりました。
また復職の失敗の経験から自分の中で会社の順位をさげることにしました。

後輩に抜かれてもいい、何やってるんだか分からなくてもいい。どんな目でみられたっていい。と今は開き直っています。

先生のおっしゃるとおり、ずーっと優等生で居続けるのはしんどいですよね。。。
towaもずーっと優等生でありたい、あるべきだと思って突っ走ってきたので
人生の夏休みに突入してしまいました(苦笑)
そうでなければ、自分は社会人として不合格だと自分を追い込んでいたのでしょうね。
でも本当は、どんな自分でも受け入れてもらいたかった…。
親にも、会社にも、同僚にも…。
towaはそんな正直な自分の気持ちに蓋をして、気づかないふりをしていたのです。
そして、爆発…(ちょっと大げさですね)
自分を自分以上に大きく見せようとすることはもうやめよう、と思いました。
今の自分でもできることはきっとあるから。。。
今の自分が本当の自分なんだから、と…。
あきぞうさんの主治医の先生のおっしゃること、とてもよくわかります。
会社の順位を下げること…なかなか難しいけれど、そこから何かが見つかるといいですね。

遅くなっちゃいましたが、あきぞうさん、お誕生日おめでとうございます!
向日葵のお花、素敵ですね。
私はいつも自分で欲しいお花の苗を買っているせいか、お花はもらえません(笑。

お医者様と十分にお話が出来たようでよかったです。
それだけでもかなり気持ちが楽になりますよね。
今週も診てもらえるということですし、お薬とかの様子を見て、
今後の方針を相談されるといいかもしれませんね。
でも優等生をやめるのって、難しそうです・・・私もなかなかできないです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akizou922.blog34.fc2.com/tb.php/104-f3ce53ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。