スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心洗われる滑り 

今日、BSフジで、フィギュアスケートのエキシビションを見た。
荒川静香さんのスケートは本当に美しかった。
うまく言葉で表現できないけれど、その滑りからいろいろな思いを感じて、
フィギュアスケートをみて、私は初めて涙を浮かべてしまった。
金メダルをとったことは、もちろんとてもすごいこと。
でも、それ以上に人の心を動かす滑りができることは、もっと素晴らしいこと。
感動をありがとう。
スポンサーサイト

うつの波が激しくて・・・ 

ここ1週間、調子のよい日と悪い日の差が激しくて、自分をもてあましています。
一昨日はひどく調子が悪くて、人と話をすることがとても辛い日でした。
夕方の母との電話さえしんどくて、夜ふみぞうが帰ってくる頃には
無表情で言葉をほとんど発しないお人形のような私がいました。
私さえいなければ、こんな私を心配することもなくなって、みんなが楽になれて、
すべてがうまくいくような気がして、消えてしまいたいとまで思いました。
でも、昨日は気持ちが楽で、会社に行った後なのに簡単な夕食も作れました。
そして、今日はまた少し辛い一日。
一昨日ほどではなかったけど、心も体も重くて、何をするのも億劫で
だるくて仕方がありませんでした。

こんなふうに波が激しいと、"明日の私はどうなんだろう?"と夜、不安になります。
ただ、穏やかに毎日が過ごせればいい。
それだけを願うだけでも、贅沢なことなんでしょうか?

いま通っている心療内科の先生のところに初めて行ったのが、去年の2月19日。
私がうつ病と診断されてから、1年が過ぎました。
先生は、「うつ病が治らないのは私の心がが弱いせいなんじゃないかと思う」と言う私に
「そんなことないですよ。私の患者さんで1年のお付き合いなんて、
全然短いほうです。」と言ってくださったけれど・・・・。

普通のことが当たり前にできて、自然と笑えて。
「こんな辛いときもあったね」と思える日が、いつか私にも本当に来るのでしょうか。


※みずなさん、かのんさん、ミケアさん、towaさん。
 いつも優しいコメント、ありがとうございます。
 気持ちがもう少し落ち着いたら、お返事書きますね。

最近の私 

今日は雨だからなのか、寒いからなのか、朝から調子がよくありません。
朝もお昼前まで布団から出られませんでした。
やっぱりまだ心も体も、たまった疲れがとれていないのかもしれません。

先日、"無理をしない"ことが第一歩と書きましたけど、その言葉とは裏腹に
最近の私は毎日ちょっとずつ無理をして、疲れを蓄積している気がします。

週3日の出勤日には、どうしてもがんばってしまう自分がいます。
何事もないように笑って、一方で周囲の忙しそうな空気の中で必死でマイペースを保って。
定時になって、「さぁ、これから残業だ」というみんなの中から
ひとりだけ帰宅するのにもすごく勇気がいります。

火・木曜の充電日は、"外にでよう"という気持ちにはなれず、家の中にこもっています。
それはまるで、次の日出勤するためのエネルギーをためるために、冬眠する動物のよう。
でも、家の中にいても、家事という仕事がなくなるわけではないから。
ご飯を作ったり、掃除したり、お洗濯をしたり。
そんな当たり前のことが、最近とても重荷に感じます。
以前は体が動かなくてできないことはあったけど、最近は気持ち的に負担なのです。
家事が嫌いなわけではないのだけど、やっぱり疲れがたまっているのかな・・・・。

こういうときってどうすればいいのでしょう。
ふみぞうは、料理と掃除が苦手なので、「洗濯はやるよ」と言ってくれます。
でも、ふみぞうは朝早くから夜遅くまで仕事していて、私はずっと家にいるのにと思うと、
申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

うつにならなければ、わからなかったこともたくさんあるけれど、
こんな日は、うつになる前の私を返してほしい、と思ってしまいます。

もがいている 

約1週間ぶりの更新です。
ご心配おかけしましたが、ようやく少し落ち着いてきました。

その間、私は暗い波の中でもがいていました。
ベットの中で泣きじゃくった夜もありました。
辛くて、だけど何が辛いのかもわからなくて、自分の内へ内へと向かう
気持ちをどうにもできず、そのうち感情がわかなくなって
無表情で、ただじっと横になっていた時間もたくさんありました。

でも、ただそうやって時間が経つのをじっと我慢して待っていたら
波がひいていくように、少し楽になりました。
いまもまだ、不調ではあるけれど、、いつ、どこで、どんな方法でと
考える気持ちは消えたような気がします。

今回のことで、やはり、いまの私には無理は禁物なのだとわかりました。
暗い波は、出勤などで自分でも気がつかないうちに徐々に疲れがたまっていて
それに対して、ココロと体が休むことを求めた結果だっと思うから。
以前の私はちょっとの無理なら平気だったのに。
一日にいろんなことができたのに。
そう考えると、やっぱり私は病気なんだと痛感して悲しくなるけれど、
ずっとこのままなんじゃないかと不安になるけれど、これが現実。

以前の自分と比べずに、いまの自分を認め受け入れること。

それがどうしても難しくて、未だにできない私だけれど、
"無理をしない"を続けることが、うつの自分を許す第一歩なのかもしれません。

暗い闇の底 

ミケアさん、きどるいさん、towaさん、かのんさん。
コメント本当にありがとうございました。
ココロとからだを休めて。きっと波はひいていくから。
そんな優しいコメントたちは、優しく心に染みました。

私は・・・大きな暗い嵐のような波は去ったけれど、
また暗闇の底にいるような気持ちが続いています。
そんな中でも、金曜日と土曜日(今週は研修会があったのです)は、
ひとりで家にいると、自分の気持ちがあまりにも内へ内へと向かってしまうのが怖くて
無理をして会社に行きました。
でも、昨日の月曜日は、無理をすることさえできなくて会社を休んでしまいました。

ここ数日困っていることは、わけもなく涙がでてくることと、
ひとりになると、眠り続けて起きなくてもいいようにならないか、と考えてしまうこと。
自殺願望が、消えないのです。
いつか、かのんさんの記事にあった言葉ですけど、いつ、どこで、どんな方法で。
いつ、どこで図れば、私の大切な人たちに一番迷惑がかからないか。
薬をどれくらい飲めば、苦しまず永遠に眠ったままになれるのか。
ひとりで家にいるとき、ふと、気がつくとそんなことを考えてしまうのです。

本当はそんな勇気ないくせに。
明日になれば、これ以上、そういう思いにとらわれるのが怖くて
きっと、無理をしてでも会社に行って、何事もなかったかのように笑っているくせに。
そして、帰ってきてぐったりとまた疲れてしまうくせに。

でも、だったら、私はいったいどうしたらいいんだろう。
暗い闇を抜け出して、楽しい予定を心待ちにして、心から笑って。
どうしたら、そんな日が来ることを信じて、がんばろうと思えるのだろう。

誰か助けて・・・ 

吐き気がする。
何故だかわからないけど、涙がでてくる。
どうしようもなく重い気持ちで心がいっぱい。

自分を傷つける勇気もないから、この波が過ぎ去るのをただじっと待つしかないのだけど。
神様は乗り越えることができる試練しかあたえないというけれど。

どうして、うつになんてなったんだろう。
どうして私、なんだろう。

かなり調子が悪い 

昨日の夜から、どうにも調子が悪い。
頭痛もひどいし、ずっと肩と背中が痛くて、横になっていてもしんどい。
かろうじて、今日の目標だったお洗濯と結婚式の写真の整理はできたけれど、
「できたぞ」という達成感はもてず、体にものすごい疲労感だけが残っている。

これだけ辛いのは久しぶりだ・・・。
こんな状態で明日は会社にいけるのだろうか。

鬱の悪い波。
もう何度も経験しているのに、うまくやり過ごせない。
こういうときは、どうしても"私はいつか治るのだろうか"と疑い
自分を信じてあげることができなくなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。